柔道整復師の養成校である大学や専門学校には整骨院などからの求人募集が来ています

柔道整復師とは、柔道整復術を用いて捻挫や脱臼など亜急性の怪我を回復させるための施術を行う専門家を指します。一般には聞かれることの少ない呼称であり、整骨院などで整骨師や骨接ぎ師などと呼ばれていることが多いようです。
柔道整復師になるためには、文部科学省が指定した四年制大学か、厚生労働省の指定を受けた専門学校で、必要な知識と技能の習得をし、国家資格を受けて合格する必要があります。必要な知識と技術は、生理学、解剖顎、運動学、病理学、衛生学、さらに柔道整復理論、柔道整復の実技、リハビリテーション学など多岐にわたります。これを大学では4年間、専門学校では3年以上かけて学びます。
柔道整復師の資格を取得した後は、整骨院や病院の整形外科で働くことが一般的です。しかし近年では、介護施設やスポーツ施設でも柔道整復師を募集しているケースが増えてきました。養成校である大学や専門学校には、各施設から直接求人が寄せられます。多くの学校では、卒業の年には就職支援や就職指導を行いますので、積極的に相談しましょう。
整骨院や整形外科、介護施設などで数年働いて経験を積み、自信がついてから独立開業する柔道整復師もたくさんいます。