整骨院で脱臼治療などを行う柔道整復師は、介護現場でも求人募集が増加中

柔道整復師という職業をご存知でしょうか。これは骨、関節、靭帯などに起こった怪我を、手術以外の方法で治療する専門家です。治療対象となる具体的な症状は骨折、脱臼、捻挫などで、治療方法は、骨折した箇所や脱臼した関節を元に戻す整復法、怪我した部位を三角巾などで固定する固定法、損傷した組織を回復させる後療法に分かれます。
柔道整復師になるには、国家資格が必要です。資格を取得するには、柔道整復の専門学校か養成施設に通って解剖学、生理学、運動学などを学び、国家試験を受ける必要があります。
資格取得後は学校に送られる求人情報をもとに就職活動をするのが一般的です。柔道整復師の施術は医療行為の一部とみなされ、接骨院や整骨院のスタッフとして働いたり、自ら開業することもできます。医療施設だけでなく、スポーツトレーナーやリハビリトレーナー、ケアマネージャーとしても技術を活用でき、一般的な医学と比べて就職先の範囲が広いのが特徴です。高齢化が進むにつれてリハビリや介護のスタッフが不足がちな現状では、これらの現場からの求人も増えており、今後も募集の増加が見込まれます。
医療系の中では活躍の場が広い柔道整復師について、チェックしてみてはいかがでしょうか。