求められる人材柔道整復師国家試験の概要

柔道整復師法第10条の規定によって、平成4年度に第一回目の「柔道整復師国家試験」が実施されていて、その後毎年1回指定試験機関として指定されています、公益財団法人柔道整復研修試験財団が事務を行うことで、「柔道整復師国家試験」が実施されています。
試験地として定められている地域は、北海道と宮城県、東京都と石川県、愛知県や大阪府に広島県、香川県と福岡県及び沖縄県となっています。受験資格者は、学校教育法第90条の規定により大学に入学できる者や、文部科学大臣が認定した学校又は、厚生労働大臣が認定した養成施設で3年以上の期間、柔道整復師に関する知識や技能を修得した者とされています。「柔道整復師国家試験」の科目には、解剖学や生理学、運動学の他、合わせて11の科目試験が用意されていますので、大学や養成施設等でしっかりと知識や技能を身につけておく必要があるでしょう。
第25回目の受験者数は6727名で、合格者数は4274名となっています。整骨院や接骨院などの他にも、介護施設などさまざまな現場で求められていて、ますます活躍が期待される人材になりますから、「柔道整復師国家試験」合格を目指されてはいかがでしょう。

http://柔道整復師求人.jp.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です