むちうち治療ができる柔道整復師として働くなら整骨院の求人募集情報チェックしよう

交通事故に遭うとむちうちの症状に悩まされる方が少なくないでしょう。むちうちの場合は交通事故の直後に痛みがなくても、後からじわじわと痛くなるケースがあります。少しでも痛みを感じたら早めに医療機関に行って、専門の治療を受ける必要があります。
整骨院には柔道整復師という国家資格を持った専門のスタッフがいるので、適切な治療を受けることができます。柔道整復師は高い技術と専門的な知識を持ち合わせており、一人一人の体の悩みにあった治療を施してくれます。
自分もむちうち治療ができる柔道整復師の資格を取りたいと思ったら、大学や専門学校に通って知識と技術を身につけましょう。学校のカリキュラムをすべてこなして国家試験に合格したら、晴れて柔道整復師として働くことができます。就職先はスポーツ施設や病院の整形外科などいろいろありますが、整骨院なら自分のスキルを思う存分生かせるでしょう。整骨院に就職するためには、整骨院の求人情報をこまめにチェックすることをおすすめします。整骨院の求人情報はインターネットの求人サイトで確認することができます。医療系の専門サイトには多くの募集情報が掲載されているので、勤務地や雇用形態など希望に合った求人が見つけやすいでしょう。

整骨院が募集する柔道整復師の求人で重要になるコミュニケーション力

整骨院が募集する柔道整復師の求人では、経験や技術が重要になります。
しかし、最も大切なこととも言えるのが、コミュニケーション力です。
柔道整復師は、患者さんに症状や治療方針を、丁寧に説明することが求められています。
丁寧に情報を説明されることにより、整骨院の柔道整復師と患者さんの間に信頼感が生まれて、治療にも活かされていくのです。
患者さんに信頼されるためには、コミュニケーション力が重要です。
コミュニケーション力がある柔道整復師なら、患者さんからの信頼も勝ち取りやすいでしょう。
また、整骨院で働くことになれば、他の柔道整復師やスタッフとの意思の疎通も大切です。
整骨院の中で一人だけ浮いていると、患者さんに関する情報を共有することもできません。
同じ働く仲間との意思の疎通を図るためにも、コミュニケーション力は柔道整復師にとって、経験や技術と同じく重要な能力になります。
ですから、整骨院が募集する求人に応募するなら、柔道整復師としての経験や技術だけではなく、コミュニケーション力もしっかりと身につけるようにしましょう。
経験と技術にコミュニケーション力も兼ね備えているなら、整骨院の求人募集でも有利になれます。

求められる人材柔道整復師国家試験の概要

柔道整復師法第10条の規定によって、平成4年度に第一回目の「柔道整復師国家試験」が実施されていて、その後毎年1回指定試験機関として指定されています、公益財団法人柔道整復研修試験財団が事務を行うことで、「柔道整復師国家試験」が実施されています。
試験地として定められている地域は、北海道と宮城県、東京都と石川県、愛知県や大阪府に広島県、香川県と福岡県及び沖縄県となっています。受験資格者は、学校教育法第90条の規定により大学に入学できる者や、文部科学大臣が認定した学校又は、厚生労働大臣が認定した養成施設で3年以上の期間、柔道整復師に関する知識や技能を修得した者とされています。「柔道整復師国家試験」の科目には、解剖学や生理学、運動学の他、合わせて11の科目試験が用意されていますので、大学や養成施設等でしっかりと知識や技能を身につけておく必要があるでしょう。
第25回目の受験者数は6727名で、合格者数は4274名となっています。整骨院や接骨院などの他にも、介護施設などさまざまな現場で求められていて、ますます活躍が期待される人材になりますから、「柔道整復師国家試験」合格を目指されてはいかがでしょう。

http://柔道整復師求人.jp.net/

心理学の基礎を活かしたいなら整骨院で柔道整復師。求人募集も盛んに。

フィジカルとメンタルは表裏一体の関係です。これはトップアスリートの世界では既に常識となっています。体が疲労してくると、心が荒みます。またメンタルが弱ってくると体のパフォーマンスがガタ落ちします。心と体は常にお互い連動しており、肩こりや腰痛がうつ病の遠因になる事も少なくはありません。またうつ症状が原因でスポーツや仕事の成績が落ちる事例は枚挙にいとまがないレベルです。
心と体の問題を一挙に解決出来るのが、整骨院の柔道整復師のお仕事となります。体を癒す事はすなわち心を癒す事です。メンタルケアを施しながら、同時に腰痛や肩こり、生理不順やうつ症状の解消を行う凄腕の柔道整復師の方々が、日本各地の整骨院にはいらっしゃいます。
大学や専門学校で心理学を専攻した方々は、一つの進路として柔道整復師を考えてみましょう。ごく普通にカウンセラーとして生活するのも良い進路ですが、市民の心と体を同時に癒してあげられる柔道整復師になれば、より多くの弱者とトップアスリートを救えるでしょう。
整骨院は定期的に求人の募集を行っています。世間でのニーズ増加によって、最近では地方の求人募集も盛んになって来ています。心理学の素養がある方は、優先的に雇用してもらえる可能性が高いです。