柔道整復師の醍醐味、仕事先、勤務場所、そして受験資格について

柔道整復師の醍醐味

あなただけの施術はたまた指示がベースになって、患者さんの体調が良くなったり、カラダの動作が良化したりすることこそが柔道整復師において最も大きなよろこび。

外科手術だったり薬の提供は行いませんので、治癒の中には時間を必要とするといった場合もたくさんあり、患者さんとは長期間の交流になるケースもある。

一方で、患者さんとの中で構築される相互信頼がポイントで、治った暁にはストレートによろこびを共有することが叶うのもやりがいだ。

さらに、ライセンスがあるようなら独り立ちも可能だから、自らのスキルで食べて行こうと思う人としてはそれについても遣り甲斐に結び付く。

柔道整復師の仕事先・勤務場所

メインの仕事先は、整骨院・接骨院、医療機関、整形外科クリニックなどなど。キャリアを積めば独り立ち・開業するのも目指せる。

ここ数年は、高齢者介護施設であるとか訪問介護、訪問リハビリ等のような社会福祉分野、他にもアスリートのコンディショニングなどスポーツの部門で存在感を発揮する柔道整復師も増加している。

整骨院などに入社した場合も、有資格者は技術職にすえて重要視される傾向が高く、若いにも関わらず患者さんの施術を命ぜられることも多い。

柔道整復師のキャリアビジョン

柔道整復師の業績を残している場所は、整骨院・接骨院や整形外科での外傷の治療に限らず拡大してきている。

近年は高齢者社会福祉施設で勤務する柔道整復師も急増。更に、根本医学の知恵や手技、テーピングのスキルを活かして、スポーツトレーナーという形で第一線で働くシーンも増えている。

柔道整復師になるなら

柔道整復師の国家試験を受ける権利を取得するには、文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設を卒業することが求められる。

柔道整復師を目指せるのは、4年制の大学、3年制の短大・専門学校が存在している(2年制は存在しない)。こちらの学校で、解剖学・生理学等といった基礎医学や脱臼などの検査メソッド、テーピングのスキルなどを学習する。柔道整復師国家試験の合格できる確率は毎年70%前後。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です