柔道整復師となるためには

さっそく専門学校もしくは、大学へ進学にしましょう。

柔道整復師となるために、柔道整復師国家試験にパスする必要がございますが、国家試験を受験するためには要件が存在します。

もう一つが文部科学大臣の設定した学校、あるいは厚生労働大臣の定めた柔道整復師専門学校もしくは大学で、柔道整復師となるために欠かせない知恵及び技法を3年間を超えて学ば無ければならないのです。

専門学校や大学で、解剖学、生理学、運動学等を含んだ基礎系科目と、柔道整復理論、柔道整復実技、リハビリテーション学等といった専門科目を学習して、柔道整復師に絶対不可欠な睿智とスキルを自分の物にすることが求められるのです。

在学時には柔道のカリキュラムが存在することもあり、そうした場合には柔道の信条等々も学習します。

また、専門学校、あるいは大学卒業すると、柔道整復師国家試験のテストを受ける権利が手に入ります。

柔道整復師を目指すには、年に1回実施される柔道整復師国家試験に臨んでパスすることが求められます。

試験はトータル11カリキュラムの筆記試験が施されます。

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県といった県で開催され、自分の家から一番近い試験場をセレクトして受けることになります。

ついでながら合格する確率は平成25年の柔道整復師国家試験で75.3%という倍率でした。

年を経るごとに、合格する割合は70%となっているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です