整骨院や整形外科、様々な職場で活躍する柔道整復師

自分で整骨院を開業 を希望している柔道整復師となるためには、国家試験に臨んでライセンスを入手しなければいけません。
それから免許証を手に入れると、「接骨院」や「整骨院」等々で勤務出来る訳ですが、ライセンスがあるのなら独立して整骨院や接骨院を起業してみることも実現できます。
柔道整復師とは医療従事職とされる仕事なのです。
 医療従事職というような職務は、ドクターは言わずもがな、看護師や歯科医、理学療法士、それにあんまマッサージ指圧師、はり師、保健師等といった色んな部類があげられます。
けれども医療従事職には独立ができる資格と、医院内でないとスキルを応用することが不可能な資格があるのです。
その中の色々な仕事の中において独立ができる資格の1つが柔道整復師ということです。
 勿論、柔道整復師はキャリアをつむことが当然の業種ということなので、ライセンスを得ていきなり開業するのは難しいところだと思いますが、キャリアを積んでご近所にある接骨院として地域に寄与する人が沢山いらっしゃいます。
柔道整復師の中には、独立を目指さず、クリニックの整形外科で勤務する人も多く見られます。
クリニックの整形外科で勤務する柔道整復師は、ドクターや理学療法士の指導に基づいて、リハビリや整復サポートをしているのです。
リハビリとは硬くなってしまった患部を物理療法又は手技治療などによってケアすることをしています。
柔道整復師の治療の仕方は、患部の固定であるとか整復するというような外科手術を行なわない「非観血的療法」により負傷を治していくことから、関節部分などを長期にわたって固定しているとそこの部分が動作しなくなってしまうのです。
そちらを以前の通りに動かせるようアシストするのがリハビリであります。
今までだと柔道整復師いうものは、こういうリハビリを行なう人が特に多くいたが、ここ数年はリハビリに取り組むのみならず内科など整形外科とは別で勤めている柔道整復師も増加してきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です