柔道整復師の勤務時間は職場によって大きく異なります

柔道整復師の勤務する時間は、施設あるいは業務の内容により相違があります。

例をあげれば、接骨院といった形態ですと、診療時間帯が労働時間となると考えられますし、クリニックに務めたパターンでは、該当のクリニックの受付時間が労働時間となると考えられます。

スポーツ・アスレチックトレーナーなどというような接骨院やクリニック以外に勤務する仕事をしたとしたら、お客様のスケジュールに合わせて勤務することも考えられるため、勤務時間がイレギュラーとなることだってあります。

プロスポーツ選手のスポーツトレーナーとなったケースでは、試合の手前や試合終了後にケアを行なったり、試合に従ってプレーヤーのコンディションを改善するバックアップをしなければならないと言えます。

さらに、選手に付帯して移動しなければいけないことだってあるため、休みの日も非常に不規則になりがちだと思います。

接骨院や医療機関の労働時間は施設の受け付け時間にマッチするものになるので、スポーツトレーナー等の職業とは異なりいくらかは決められた時間になるはずです。

施設の受付け時間は施設が違えば異なってきますが、全般的に、月曜〜金曜のウィークデーでは9:00〜20:00、土曜は9:00〜17:00となるか、あるいは日曜・祝日、土曜の午後を休診ということになります。

出勤時間が12時間近くではありますが、休むことなく働き詰めという訳ではないのです。

柔道整復師は診療にあたって力が必須になる要素が強く、持久力を使うため、実働の労働時間は8:30〜12:00、16:00〜20:00といったように長目の昼休みをとる時も多いみたいです。

柔道整復師はアルバイトやパートタイマーといった勤務スタイルというよりも、正職員の形態での就業が多く、そういったところでは、雇用保険や労災、社会保険(健康保険・厚生年金)、有給休暇などなどが完備されると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です