柔道整復師の処置するテーピング

怪我や関節を傷めた時にテーピングをしますが、これは通常一般的な巻き方です。
しかし、柔道整復師に処置してもらうテーピングの巻き方は、一般的に巻かれている方法とは若干違った場合があります。
柔道整復師は筋肉や筋、腱の動きや付き方、その流れを熟知しており、その部位にテーピングを巻くときにどのように巻けば、最も最適かを知っています。
ですから、通常のテーピングとは違い、治る時間が短縮されたり、本来の動き方を上手くサポート出来るため違和感を感じにくいテーピングになります。
運動によって傷めた身体には、そのようなテーピングの巻き方があります。
また、年齢のいった方が関節や筋肉を傷めた場合には、スポーツをする若い人とは違ったテーピングの巻き方があります。
さらには、可動部分部分への巻き方と動かない部分の巻き方も違ってきます。
このことを柔道整復師は、知識と経験から熟知していますから、その時その時により巻き方を変えながら治療およびサポートをしていきます。
そうすることで、怪我の治りを早くしたり、痛みを取り除いたりします。
また、治りの程度によっても巻き方を変えていきます。
そうすることで、ある程度動かすようにすることで治りを早めたりします。