柔道整復師とはどんな資格?

整骨院や整体を行う方の中には柔道整復師の資格を持った方がいますが、具体的にどのような技能なのかご存知ですか。整体というと、身体が痛い時に気軽に治療を受けられるイメージがありますが、実はしっかりと行うためには施術者に資格が必要です。身体の痛みは歪みから生じている場合があります。また、捻挫や脱臼、打撲などを治療するためには骨、骨格、筋、腱、靭帯などについてしっかり理解していなくてはいけません。そしてその知識を利用して非観血的治療を行い、身体そのものの治癒力を高めることで元に戻すことができるのが、柔道整復師です。そして柔道整復師の施術は主に3種類あります。骨折などを元に戻す「整復法」、脱臼などを固定する「固定法」、損傷部位を回復させる「後療法」です。これらは国家資格である柔道整復師でないと行うことはできません。このような資格のため、整骨院や接骨院で必要な資格となっているのです。
このように柔道整復師の施術は医業の一つです。そのためしっかりと学んで国家資格として取得することになっているのです。また、整骨院以外にもスポーツトレーナーやケアマネージャーにも有効な資格となっています。そのため、取得を考慮する方も増えています。