ヒトパッチテストとスティンギングテスト

ヒトパッチテストは人において行なうパッチテストのことを指します。
ツールとしては、人のスキンに検体を規定期間接触させて対象のもののスキンへの刺激およびアレルギーの有無を比べることを目的に行います。
再びヒトパッチテストの種類には、接触アレルギーの原因を発見し、動機となるものを撤去にて治療を行おうとする来院パッチテストと、化学物の無事故を見込し、未然に事故を防ごうとして利用される予測パッチテストがあります。
前文者はすでに何かしらの事象が出てしまっており、動機となるものの判定や将来被験者がどういったコスメを使えるのかなどを見定めるために実施します。
逆に後者は同一の検体において複数の者を被験者として実施し、スキンへの悪影響やアレルギー反作用が起こらないかどうかを検証するために実施します。
方針としては、調べたいものを被験者の表皮に貼り付けて、48時間貼り付けた後、貼り付け部分に紅斑やかゆみが生じていないかどうかを検査します。
検体については、コスメや外用剤などは丸ごと貼り付け、メタルを実施する場合にはヤスリでメタルを擦り、実施します。
布についても細く切った後に実施します。
スティンギングテストは、コスメなど表皮に塗るものや衣料に組み入れる繊維などがスキンについて、痒み、火照り、ヒリツキ、疼痛などの使用中に気苦労となる刺激を与えることがないかをテストする検査だ。
こういう検査を行うことにより、低刺激コスメの根拠にいただけるとなります。
こういう検査はアレルギーや炎症が起こるかどうかの検査というよりは塗った後の一時的な表皮の反作用や空気の有無を確認するというだが、パッチテストとは異なるところです。
ですので、こういうスティンギングテストで、低刺激性であることが証明されても、アレルギーを起こさないという裏付けにはなりません。
つまり、アレルギーテストは更に行なう必要があります。
実際の方針は表皮が敏感な被験者の方を対象に、お顔など表皮のか弱いところに検体を塗布して表皮にかゆみやひりひり感といった反応が起こらないかどうかを確認します。
判別は被験者の方について、検体を使用前の肌の状態といった使用後の肌の状態を、ひふ科専門医の立ち会いのもと確認する結果行います。
塗布してみての違和感を確認することにより、スティンギング誘引性を判定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です