柔道整復師は医療資格なので知識も豊富

柔道整復師として働くためには、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。柔道整復師の国家試験を受けるためには、試験を受ける時点ですでに柔道整復学科がある大学や短大、もしくは日本医専などの専門学校で柔道整復に関する知識を得る授業を履修して修得しておく必要があります。柔道整復師の国家資格は、医療資格の1つに分類されているので、試験には解剖学や生理学、一般臨床医学も含まれていますから、試験を受けるときには高い知識を有していることにつながります。そのため柔道整復師の国家試験に合格したら、すぐに知識と技術を生かして働くことができます。柔道整復師の国家資格を有していることによって、整骨院などを開業する権利を持つことができますし、柔道整復師としての治療を行うときは患者さんに健康保険を適用する治療を行うことができます。柔道整復師は、開業をする人もいますが、多くは病院のスタッフとして働き、リハビリの計画を立てたりサポートをする仕事を行っています。また、さいきんでは高齢化が進んでいるので介護施設や老後施設の数が増えていますが、そこでもケアマネージャーとして働いたり、怪我をしやすいものの回復が遅い高齢者のリハビリをサポートする役割を持っています。