柔道整復師になるのに必要とされる国家試験

あまり知られていませんが、柔道整復師になるには国家試験に合格しなければなりません。医師国家試験の合格率に比べ、現在、柔道整復師になるための国家試験の合格率は64%とかなり低くなっています。医師国家試験の合格率が64%になったら大騒ぎになることでしょう。柔道整復師国家試験の内容は、かなり難しいものです。科目名からも、そのことがうかがえます。解剖学に生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学に一般臨床医学、果ては外科学概論に整形外科学、それに当然ながらリハビリテーション医学、更には柔道整復理論及び関係法規などというのもあります。こうした専門知識を持ち、合格率が決して高くない試験に合格しての施術であるということで、安心感が持てるというものでしょう。医者は6年間医学部で学びますが、柔道整復師は専門の学校や団体で3年学びます。柔道整復師を氣功師のようなイメージでとらえている人もいますが、れっきとした医術者です。もちろん、氣功師によって治ったという人も多いですから、氣功師の中に素晴らしい手腕を持つ人もいるでしょう。ただ、柔道整復師国家試験の科目名を聞くと、やはり柔道整復師のほうにまず頼りたくなります。