お肌についてとメラノサイト

ヒトの肌には多くの役割があります。
カラダの水分の流出を防いだり、カラダの体温を調節したりするなど、生命に深く関することばかりです。
外部から加えられる攻撃を軽減したり、ウィルスなどが侵入するのを防ぐ役割もあります。
肌細胞と一口にいっても、肌がすべて同様の細胞で構成されているわけではありません。
最もエクステリアにおけるのは皮膚と呼ばれるものだ。
手触りなどに影響し、新陳代謝によって日々新しい状態になります。
水分の蒸発を主に防いでいるのは皮膚だ。
古くなると垢になってめくれ落ちるのが特徴です。
皮膚の下の階層は、真皮と呼ばれている。
真皮の内部には血管や神経などが存在します。
神経によって寒さや攻撃などを食い止めることが重要な担当で、発汗などを促してカラダの体温のコーディネートを行うために欠かせません。
さらにその下にあるのが皮下組織だ。上の2つの階層のベースとなってあり、ショックに対するバッファや断熱材としての役割を有しています。
また血管などを保護する担当もあるなど、肌を健全な状態に保つ重要なものといえるでしょう。
このように肌は独自の役割を持つ3つの階層で構成されています。
肌細胞はそれらを構成する細胞の総称なんです。
だんだん日光が強くなってくると気になることが日焼けとしみ。
しみの元に達する細胞は「メラノサイト」と呼ぶ。
「メラニン」を生成する細胞だ。
「メラノサイト」が活性化すると「メラニン」が生まれます。
お肌の深層で活動している「メラノサイト」がどんどんしみの素材を作り出し、お肌の新陳代謝で表面に出てくるとしみになるのです。
お肌ではしみの素材となる「メラノサイト」ですが、本当は髪の彩りなどにも影響しています。
年齢を重ねると役割が弱り、その結果、白髪になると言われています。
なくては困る「メラノサイト」ですが、しみになってしまうことは避けたいものです。
とある世代を超えると一気にしみが増えるのは、お肌の新陳代謝が遅れて、お肌の深層の「メラニン」が大量にたまってしまうから。
たまっていた「メラニン」がお肌の表面にいっぺんに出てきてしまうため、しみが増えた、濃くなったと感じてしまいます。
しみをケアするスキンケアを選ぶ時、肌の表面だけではなく、奥深くの「メラノサイト」にまでエフェクトを送る物を探すと良いでしょう。
「メラニン」製造を統べることにより、しみが少なくなり、薄くすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です