柔道整復師の資格を持っていたら開業することができる

柔道整復師として働くためには、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。柔道整復師の国家試験は、誰でも試験を受けられるわけではなく、高校を卒業してから文部科学大臣が認定した大学、もしくは専門学校で必要な講義科目を履修して修得したものに限られています。柔道整復学科がある4年制大学か3年の短大、もしくは柔道整復師の知識が学べる専門学校火曜必要があります。一般の大学を卒業したり社会人になってから柔道整復師の資格を取得したいという場合も、やはり柔道整復について学べる専門学校や大学に通って勉強をする必要があります。そのため、国家試験を受ける時点で、柔道整復師としてすぐにでも働けるほどの知識を持っていることになります。知識を得てから国家試験を受けられるという厳しい制度になっている理由は、柔道整復師は医療資格の1つであり、患者さんに直接触れ合って治療を行うことができるからです。そのため国家資格としての特典も多く、治療を受ける患者さんは国民健康保険が適用されますし、柔道整復師の資格を持っていることで開業権を有することができます。開業しない場合でも、医療機関でリハビリを担当する仕事を行ったり、介護や老後施設、トレーニングジムでも活躍を求められているので、就職先が沢山あるといえます。