皮膚のがんやアレルギー反応

表皮は素肌、真皮、皮下組織という部類になっています。
表皮がんは一番上に生じる素肌で生じます。
最も多いのは、肌の一番下にある基底層から来る基底細胞がんだ。
次で多いのは、素肌の有棘部類から生ずる有棘細胞がんだ。
この他に悪性黒色腫という表皮がんもあります。
悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれます。
これは素肌の一番下にある基底層におけるメラノサイト、あるいはほくろの細胞から生じます。
表皮がんにかかる人は10000人/年ほどだ。
その原因はUVなどです。
凄い日射しの下でUVを浴び過ぎたりすることが原因です。
こういう表皮がんを放って置けば、他の正常な細胞に影響が出ます。
がんが大きくなるということです。
大きくなるとオペで切除することが難しくなります。
また、転移することもあります。
リンパ節に転移した場合、抗がん剤や放射線で施術行なう。
表皮がんが見られたら放って置かずに早めに施術ください。
初期施術を行えば完治します。
表皮がんでなさる査定としては、胸部X線検査、腹部超音波などです。
診査のためには、その端っこを切除して観察する病理組織学査定も行われます。
アレルギーは表皮や粘膜などにおける変調だ。
アレルギー性接触炎やアトピー性表皮炎、粘膜においてはアレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息などがあります。
カラダには、バクテリアやウイルス、花粉など、抗原に対する防護活動、抗原抗体反応が備わっている。
アレルギーの原因は過度の抗原抗体反応だ。
上記の表皮や粘膜の変調の他に、口内炎やアレルギーなどの変調もあります。
食事のアレルギーについて。
たとえば卵を食べるとじんましんができるという人がある。
卵に対する抗原抗体反応が原因です。
エビを食べるとじんましんができるという人もある。
同じように、エビに対する抗原抗体反応が原因で
またアレルギーに悩む人は増えています。
生後半年の赤ん坊の30パーセントにアトピー性表皮炎が認められます。
そのうちの20パーセントに、気道のアレルギーが発生するでしょう。
ティーンエイジャー、20代になってアレルギーが認められる人もある。
赤ん坊の辺りからアトピーの施術をしていた子供の多くは、復調とは言えないものの軽快するでしょう。
ティーンエイジャー、20代になってアレルギー変調が認められて施術をはじめた人の中には、難治性の人もある。
その場合、復調は難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です