肌トラブルとUVカットについて

年齢を重ねるとどうしても表皮のトラブルが増えていきます。
特にたるみは感触を上げてしまうことがあり、困っている皆さんは少なくありません。
肌は表皮、真皮、皮下の3部類で構成されていて、その下に脂肪や筋肉があります。
若く弾力のある表皮は、肌のインナーで細胞分裂を得るため入れ替わりが繰り返されて弾力のある表皮を保っていることになります。
但し、加齢とともにその内部の行為が衰えてはりが無くなっていくのです。
これがたるみの原因。
肌内部にあるコラーゲンが減少するため真皮を助けることが難しくなるのです。
その結果重力と共に肌が下がって仕舞うということになります。
これを停止、進展、予防していくには暮らしの中の心がけが必要です。
ではまずUVを浴びないようにすること。
UVは肌を助ける繊維を破壊してしまう。
そして、肌のエクササイズをすることが有効です。
顔の筋を鍛え上げることだ。
大きな口を開けて取り回すため筋が鍛えられ、それが入れ替わりを刺激して促すエフェクトにつながります。
また食事の中でしっかり野菜を含めるミールで補いきれない必要な養分は栄養剤などで補うなどということも大切です。
そばかすってご存知でしょうか。
顔の上にやれる茶色の点々で、その点ではしみとどう違うのか、といらっしゃる方もいる。
簡単に言えば、そばかすは遺伝性のものが多いのに対して、しみはUVによるダメージ、肌荒れ、加齢などによる後天性のものです。
そばかすはニックネームで、本来は雀卵斑と言います。
斑点はしみと違って薄く、鼻の頭や頬にでやすい。
カラダにもらえることもありますが、顔に大勢生じるのがまれで、しみとは違って加齢によって薄くなることがあります。
UVを浴びると濃くなるので、そばかすを気にしているのならば徹底的にUVカットをすることが大切です。
しみもそばかすもメラニンによるものであることは同じなので、なくすことは出来ないし、薄くするためにセルフケアはしてください。
ではUVから避けるには。
まずビタミンCをすすんで摂取すること。そうして表皮に刺激を与えないことです。
刺激を与えるとメラニンが強まりますから、シャンプーやマッサージをする際にも指で強くごしごしとこすらないようにすること。
また、入れ替わりを促すために夜はきちんと睡眠をとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です