柔道整復師になった目的とは?

よくある柔道整復師は

保険が使えるから資格をとったという。

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷のみなはずなのに。

肩こりでも慢性腰痛でも保険が使えると思って柔道整復師の国家資格をとるらしい。

それは残念な柔道整復師のパターンだといえる。

目的、動機が不純すぎるからだ。

そもそも

柔道整復師である前に、鍼灸師でもマッサージ師でもたとえ医者であっても治療家、医療人たるべき。

なぜ

ヒトの体を治す職業についたんだろう?

体を治す職業につきたいと思ったならまだ、目的としてはいい。

しかし

患者を治すために保険を使うから柔道整復師になった人は何となく多い気がする。

そして

そんな人で溢れかえった整骨院業界。

新しい柔道整復師のカリキュラムには医療倫理とかも含まれるという。

道徳とか倫理とか僕ら日本人はどこに置いてきたんだろう。

柔道整復師を叩きたいとか、批判したいわけじゃない。

あるべき姿に戻すべきだと思っているだけ。

どれだけ本気で患者を思って治したいと思っている柔道整復師がいるんだろう?

治療院業界に入った時はみんな志があったはず。

これからの時代は医師も柔道整復師もすべての医療人が日本の国家予算を圧迫し続ける医療費の削減に取り組まなければならない。

本物の治療家は国を治す。

今後の日本というひとつの会社をひとつにして、住みやすい国にする。

理想論のようだが、もうすぐそこまでその時代はやってきている気がする。

これを読んだ柔道整復師はもう一度考えてほしい。

何のために柔道整復師になったのかを。

何のたまに治療家になったのかを。